プロフィール

khiroro

Author:khiroro
志賀島ロマン紀行へようこそ!
色々なコメント御願いします。 v^^)/
【プロフィール】
性別 : 男
血液型 : AB型
星座 : しし座
趣味 : ブログ日記、ゲーム、漫画、
     野球観戦、釣り、DVD収集、
     キノコの焼き入れ
特技 : パワプロ、本読むの遅い、狙いにいった魚が釣れない、欲しいと思ったDVDが見つからない(結局通販)

ブロとも申請フォーム

ブログランキング

FC2ブログランキング

一押し御協力お願いします ^^/

FC2

おすすめ情報

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

ブログに降る雪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライング

先日から、寝る前に読んでいる京極夏彦「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)というミステリー小説?があるのですが。妖怪呪いの仕業にみたてた殺人を解き明かすみたいな感じの作品。)

昨日、レンタル屋さんに映画を貸りに行った時に、何か面白いのないかな~、と色々見て周ってると映画版「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」を発見!

でも流石に今小説読んでるし、先に映画で結末を見ちゃうのもなぁ、と思いつつ、取り合えず箱を手に取って、箱の裏に書いてあるストーリーとかを見ていると、出演者の所で目が止まった!

ってのも、堤真一阿部寛永瀬正敏~と豪華俳優陣!! ← しかも俺の好きな俳優!

それを見たとたん、迷わず貸し出しレジカウンターに向かっていました・・。(意思弱っ!)

早速、家に帰って上映開始。物語の序盤で、ある意味主人公みたいな登場人物「京極堂」役の堤真一さんが、主人公(この人物を中心に物語が進む)「関口」役の永瀬正敏さんに、色々とウンチクを語る結構重要なシーン?があるのですが、映画版は小説と違っていて、かなり簡略化されていた為。 ← 小説だとこのウンチクはかなり長いけど、なんか面白い

ここのウンチクは、小説を見ていないと、「京極堂(堤真一)が何言ってるのか解り難いんじゃないかな?と、思います。
(ちなみに阿部寛さんは探偵「榎木津」役です。)

映画を観て見ると全体的に暗い感じで、なんか不気味でしたが、この題名の「姑獲鳥」と書いて「うぶめ」と読むのですが(昔の日本では「産女」と書いて「うぶめ」と読み、「姑獲鳥」(こかくちょう)は中国のまったく別の妖怪で性質も正反対だけど、何時の頃からか、日本では「産女」とは書かずに、「姑獲鳥」と書いて「うぶめ」と読むようになった)、物語を全部観終わって見ると、なるほどと納得いく、深い題名だなと感じました。 ← というか、よくこんなマニアック妖怪で、しかもこんな背景がある妖怪選んだなぁ、と関心しました。(苦笑) 

個人的な感想としては、特に、面白くも、悪くも無い、そんな感じの映画でした(もしかしたら豪華俳優陣だった為、期待しすぎてたのかも)
↑ 小説を読んだ人が、映像で観たいのならいいかもしれません。

追記 小説「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)は読んでると面白いので、映画版で結末は観ちゃいましたが・・、映画版は全体的に内容が薄い感じだったですし、ちゃんと最後まで読むつもりです。(読むの遅いので何時になるか分かりませんが。。)



スポンサーサイト

<< 大場投手は本物の怪物くんでした。。 | ホーム | 大隣投手最高過ぎ!! >>


コメント

なんだか解ります~。
小説読んでから映画をみると簡略化されてて、少ししらける。。

でも、本を読んでの自分の想像と映像との比較というか、何気に面白い。
しらけると面白さが同居してる感じ・・?
うまく言えませんが、映画をみると、原作(小説)ぜひ読んでくれ!と叫びたくなります。

京極さんの本まだ手に取ってないです。が、
やっぱり、読みたいなぁ~

>ぜろといちさん

お~、確かにそんな感じですね!
逆に原作より良い時も、たま~にですがありますよね^^

まだ小説読み終わるのに時間掛かりそうなのですが、今見てる所までで言えば、結構見てて面白いです。(なんか凄く頭イイ人が書いてる感じがする。。)

時間は掛かりそうですが、最後まで読めそうな感じです。^^;

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。